teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


『何処まで行っても闇。私達に果てはない。だからこそ歩き続けてる。立ち止まったまま自分のせいじゃないとか、明日になったらやるからって言って現実に背を向けてる貴方とは違うのよ』

 投稿者:神をも殺す鬼  投稿日:2013年 8月 1日(木)03時18分53秒 softbank126068092249.bbtec.net
返信・引用 編集済
  『可哀想な人。
     逃げる事も、闘う事も出来ず、唯狭間で藻掻き続けて。
            何れ自分はぬかもしれない何て言う恐怖に抱かれたまま朽ちて行く何て、哀れ極まりないわね』


【CLASS】黒騎士_Black Night_
【DISTICTIV CLASS】産まれ落ちた闇
【真名】■■■■■
【名前】東雲 鷹久_Takaku Shinonome_
【性別】女性
【年齢】17
【身長・体重】163.46
【異名】黒く染まった騎士道
【ステータス】筋力B 耐久A- 俊敏S+ 魔力A+ 宝具‐‐‐‐/EX
【主要武装】
=涯に得たりは復讐の絶剣_Excarever_Reaver_
  元々■■■■■の所持品であり、■■■■■が自ら自害した時に使った剣。
  両手剣で、無駄な装飾が一切省かれた、所有者の憎悪や悔恨を喰らい尽くし、一撃一撃の威力を高めて行くと言う曰く付きの逸品。
  本来■■■■■に合わせて作られたのだが、不思議と今の彼女の手にしっくりと収まっているように見える。
  真名解放と同時に街一区間を余裕の下に吹き飛ばす黒い極光を放つ事がまず可能となる。
  解放せずとも黒い衝撃破や、斬撃を超高密度に凝縮した閃光等が放てるが、真名解放よりも威力が十分落ちる。
  折れず朽ちず、砕けず、毀れずと言うのがこの剣の格言らしい。
【異能】
  特に無し
【クラス別スキル】
=騎士の誉:SS+=
  彼女に元々から備わっていた特殊スキル。
  対象が龍族、竜人、異能者だった場合、効力は三倍近くまで跳ね上がる。
  光を破棄した代わりに得た〝絶対的勝利〟と〝有終の美〟を味あわせるスキル。
  〝黒騎士〟の名を冠するに相応しいが、ちと強過ぎだと楔は曰くする。
  濃ければ濃い程、深ければ深い程、昏ければ昏い程、その闇は黒く、いやらしい。
  常時発動型で、常に戦闘時になると反応速度と敏捷性、攻撃速度、判断力が上昇し続けて行く。
=棄てられた希望:S+=
  彼女の保有し続けて来たモノを指す。
  楔の〝貪られた道〟により弱体化はしているのだが、それでもまだ彼女を犯している。
  絶望と深淵の果てに得たスキルで、彼女の精神年齢が若干幼いのがこれが原因だったりする。
  発動時は精神汚染、精神干渉を完全に無効化して見せる。
  だが、彼女の心が抱えているモノもまた深い闇であり、それに応じたスキルがその闇を肥大化させた場合、それを封じ込められるのは楔だけだったりする。
  因みに逆に彼女が対象の頭を掴めば、対象の精神にそのまま干渉する事もまた可能。
=縮地:A=
  瞬間的移動法。
=大海征した王の舟:A=
  水の上を歩けるようになる。但し、広大過ぎる場合は不可能。
  精々湖や海の沖合寸前程度。
=黄金律:A=
  身体の黄金比ではなく、人生に置いて金銭がどれだけついて回るかの宿命。
  大富豪でもやっていける金ピカぶり。一生金には困らない。当たり前だ。楔のお陰なのだから。
=狂化:A=
  全ステータスを2ランクアップさせるが、理性の全てを奪い尽くされる。
  また、楔の制御も効くかあやふやになるので、余り使わせない。
=洗礼詠唱:A=
  キリスト教に置ける〝神の教え〟を基盤とする魔術。
  彼女の場合、牽制程度にしか使用した事がない。非常に勿体無いとの楔は言っている。
=服従:A=
  主君に対する絶対的服従。
  破った場合の自分への罪や罰は主君ではなく、自分自身で決定する事となっている。
【宝具】
=確定された勝利の一振り=
  ランク:EX++ 種別:対界宝具 レンジ:0~1000000
  〝約束された勝利の剣〟の改変版。
  生前のアーサー王が、一時的に妖精から授かった聖剣をまず禊が完全模倣。
  それを楔に預け、30年と言う月日を掛け完成させた。
  神霊レベルの魔術行使を可能とし、所持者に魔力を光変換。
  収束、加速させる事で運動量を急激に増大させ、光の断層のような極光を放つ。
  放った直後には膨大な熱が発せられる為、余り使われない宝具。
まあ急速冷却されるので問題はないのだが。
  結果的に光の帯のように見えるとか。
  加えて光の衝撃に一撃一撃覇気を纏わせる事で、斬撃本体の威力も増加させた。
【概要】
  生徒会長たる楔の従者。傍から見たら彼女的立ち位置。
  普段は彼の傍らで惰眠を貪っている。
  通称〝黒騎士〟。
  過去の事もあり、精神が幼児退行している状態。
  自分自身の真名を知らず、授かった名を甘ったるい声で啼くように捧ぐ。
  黒く長い髪から黒騎士と名付けられたのだが、教師陣からすれば、いい加減切れ、との事。
  飲酒、喫煙等はせず、超絶甘党。
  楔に殆どの時間ベッタリの依存症の高い女性。
  だが夜間は過去を思い出すのか、突然悲鳴を上げたり、痛い痛いと呪詛のように言葉を口吟む。
  それを止めたり、制御するのが楔の役割だ。
  だがしかし、過去にそれを止めたら突然胸を何度も包丁で刺された経験があるとの事。
  また一瞬だけだが凛とした口調になる瞬間があり、楔はそれを『移った』と言っている。
【台詞】
  『ねえ、楔。あの人達、実はバカなんじゃないかな?』
  『そうだっ、ねえ楔楔!! あの人達みーんな殺しちゃダメかな? え? だって耳障りなんだもん』
  『失う悲しみは知っていても、壊れる悲しみは知らないんだね』
  『痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!』
  『ぃ、やぁっ!! 嫌、イヤ、弥彌彌イヤ嫌厭否嫌!!
                消え、て! 消えて消えて消えて消えてぇええええええっ!!!』
  『何なのよ?! 何でアンタは死なないの!?
              ねえ死んでよ!! 死ねよ!! 消えて!! 消えろ!!
                         目障りなんだよ!! 耳障りなんだよ!! 私達の幸せの前から失せろ!!』
  『楔っ、楔ぃ、楔楔楔楔楔楔楔楔楔楔楔!! 楔ぃっ!
            楔っ、ねえ、目ぇ開けてよ! 楔!! もう殺さないからぁ!
                    もう刺さないから!! もう締めないから! もう、もう噛み付かないからぁっっ!!』
  『――君臨こそ王の証だと? 笑わせるな。
          徹底した統治、自由なき自由こそ、王の生業。貴様の華やかさこそ余計なモノだ。
                         ――だが、それでも華やかさの中に生きると言うのなら、せめて優しい夢の中で睡れ』
 
 

『要らない時は勝手に出て来る癖に、泣きたい時に限って涙って奴は出やがらない。こう言う時はどうすれば良い。こんな事すら分からないから、俺は欠陥品なのか』

 投稿者:神をも殺す鬼  投稿日:2013年 7月31日(水)22時30分34秒 softbank126068092249.bbtec.net
返信・引用 編集済
  『さぁて、そろそろ尻にが付いた頃だろ?
  お前の畏れが俺を強くする……余計な事は考えず、俺を犯す事だけを考えろ。
   でないと、お前はまた目の前で大切なモノ失うハメになるぞ』


【CLASS】詩篇者_Episode Order_
【DISTICTIV CLASS】欠陥品_Radio Noise_
【真名】■■ ■
【名前】篠宮 楔_Kusabi Shinomiya_
【性別】男性
【年齢】不明
【身長・体重】183.55
【異名】輪廻より咲く鴉
【ステータス】筋力B+ 耐久A+ 俊敏A+ 魔力A+ 宝具‐‐‐‐/EX
【主要武装】
=千水=
  〝千水〟。
  鎌倉時代末期から南北朝時代初期に掛けて相模国鎌倉で活動した刀工。
  だが生没年は不詳で、また名前も〝千水〟と言う事だけしか知られていない。
  楔曰く〝無銘の一振り〟。
  全長75.1㌢。本来美術館蔵に鎮座するはずだった代物。
  不思議な黒い色合いの刃に、半月状の鍔、柄頭からは楔が伸びており、楔の先端には突起物が装着されている。
  楔によると、一種のお守りだそうだ。
【異能】
  特に無し
【クラス別スキル】
=深淵歩き:S+=
  彼に産まれた当初から備わっていたスキル。
  〝深淵歩きの御業〟とも称され、何もない場所を自由自在に歩行したりする事も可能。
  歩行は常時発動しているが、特殊発動時は濃紺と黒の混じったような気魄が纏われる。
  深淵が彼を纏っている状態の時は、近接攻撃力、近接戦闘能力、反応速度、反射神経等が倍以上に増す。発動限界時間等はなく、常にそのステータスを上昇させ続ける事の出来るスキル。
=貪られた道:S=
  彼の今まで歩んで来た道を指す。
  〝深淵〟に犯されながらも己が道を貫き通して来た為に生まれたスキル。
  一種の騎士道スキル。
  常時発動状態で、精神干渉や精神汚染等全てが無効化。
  また、危機的状況に陥った時に《狂化・覚醒》が付属させられ、〝歴戦の身業〟がスキル欄に追加す。
=見切り:A=
  相手の攻撃に対する学習能力。
  相手の攻撃が今まで放ってきた攻撃以外の攻撃でない限り、全て見切る事が可能。
=絶対音感:A=
  例え酔いが回っていたとしても、演奏の僅かな違いを聞き分ける程の異常な聴力。
  一度聞いた音は絶対に忘れず、視覚干渉による妨害を受けたとしても、音を頼りに戦闘をする事が可能。更に楽器型の宝具然り武器等の発した音を聞いた瞬間、高確率で真名を看破する事が出来る。
=心眼:A=
  修行・鍛錬により培った洞察力。
  窮地に置いて自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、
  その場に残された活路を導き出す〝戦闘倫理〟。
  逆転の可能性がゼロでないのなら、
  その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。
=気配察知:A=
  敵の気配を察する野生の超感覚。
  周囲の生命体の位置を捕捉可能。
  このランクならば数キロメートル先の範囲も容易にカバーする。
=話術:A=
  言論により、他者の思考を誘導し、自在に操作する技術。
  また、甘い言葉により相手の心の内に入り込み支配する技術。
  自分がさせようと思った事柄を相手が自分からするように誘導する一種の精神干渉。
=軍略:A=
  一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場に置ける戦術的超直感。
  自分自身の対軍宝具や対城宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具、対城宝具に対処す場合に有利な補正が得られる。
【宝具】
=童愛し子夢抱く、我が子の為成りて=
  ランク:EX+++ 種別:対世宝具 レンジ:‐‐‐‐
  発動と同時にその場に存在している『異質』や『宝具』と言う人間業ではない効果を全て殺し尽くす絶対的宝具。
  人間業――つまり人の身では有り得ない業を使用した瞬間にその効果は殺されると言う事になる。
  勿論、これを殺そうとする異能殺し系統も全て該当し、逆に殺し飲み下す。
  〝何時、何処で、何が、どのように、どうやって〟と言う些細な問題を丸々無視し、効果を兎に角殺し尽くす。
=永遠揺蕩え詩篇の歌=
  ランク:SSS++ 種別:自存宝具 レンジ:‐‐‐‐
  元来■の物であった宝具。
  相変わらずタチの悪い蘇生宝具で、何度殺しても殺される事はない。
【概要】
  建て替えられた栖鳳学園。そこに存在する私立祗帝真武学園第19代目永遠の生徒会長。
  通称〝帝〟。
  自分自身の真名を知らず、ふらりと学園へ現れ、ある情報を頼りに生徒会長へとのし上がった。
  名前は貰った、と言っており、産まれた当初から今までの記憶が一切無い。
  常に悠々自適なポーカーフェイス気取りの絶対的敗北者。
  酒とコーヒーが好きな喫煙者。銘柄は〝JOKER〟。
  異能所持数はゼロで、敗北の星の下に産まれて来たと宣っても過言ではないくらいに負け戦ばかり。
  その代わり、敗戦だけならば百戦錬磨。
  退廃的思考と、破滅的考えを持ち合わせている。
  また極度の変態で、両属性。
  面倒臭がりで、殺戮的思考の所有者。面倒になるとその場に居る女以外全て殺せと命ずる事も多々。
  女性は拷問然り奴隷然りに使えるから残すのだとの事。
  王様気質な一面も見られ、今は鷹久とマンションのスイートルームで二人暮らしだとか。
  『殺す』という言葉を余り吐かず、寧ろ『余り殺したくはない』との事。
【台詞】
  『一体何が言いたいのか分からないが――詰まる所、死にたいんだな?』
  『オマエはアイツにはなれないよ』
  『つくづく無能だな、お前』
  『救われないなあ、俺も』
  『人は必ず道を選択する時、選べなかった道が存在する。
        じゃあもしそっちの道を進んでいたら、とは思わないか?
                思うよな? そう、それが〝好奇心〟だ。それが〝キュリオシティー〟だ。
                            その気持ち、絶対に忘れるなよ? 今の餓鬼共は好奇心の欠片もありゃしないからな』
 

『貴方は――私と張り合える人間?』

 投稿者:神をも殺す鬼  投稿日:2013年 7月29日(月)23時45分3秒 softbank126068092249.bbtec.net
返信・引用 編集済
  貴方は――張り合える人間?』

【CLASS】殺し
【DISTICTIV CLASS】屍界幻想_Akaisora_
【真名】紅神 賽無_Saina Kushin_
【名前】紅神 賽無_Saina Kushin_
【性別】女性
【年齢】不明
【身長.年齢】162.??
【異名】殺し
【属性】悪、混沌、狂愛、溺愛、殺愛、狂乱、死狂
【ステータス】筋力B 耐久SS+ 俊敏S+/EX 魔力EX+ 幸運E- 宝具----/EX+++(S) 【覚醒時】筋力A+ 耐久EX 俊敏EX+ 魔力EX+(A) 幸運F- 宝具----/無し
【主要武装】
=ベレッタM92SB-44F=
  世界中の警察や軍隊と幅広く使われており、現在はコルト・ガバメントに代わりアメリカ軍の正式採
  用銃になっている。
  正式名称はピエトロ・ベレッタ92。より詳細には92S.92SB.92SB-F等複数のモデルが存在する。
  彼女の場合、バレルを9インチ延長してから、錠を組み込み白銀に塗装した。
  グリップは朽葉色の象牙製。彼女の趣味が如実に表されている。
=コルトM1911A=
  S&WM19の初期型コルトガバメント。
  1955年に開発された回転式拳銃をそのまま手入れと改良を加えながら使い続けている。
  高威力の.357マグナム弾を使用する拳銃でありながら、
  軽量化が為されている為、携帯性も高められている。
=パンツァービュクセ39=
  ナチスドイツが第二次世界大戦時に使用した対戦車ライフル。
  全長170.5㌢(彼女の手により超ロングバレル化)、輸送時には銃床を折り畳んで113.5㌢になる。
  重量16.5㌔。115㍍からの狙撃で30㍉装甲板を貫通させられた。
=GM6 Lynx=
  ゲパードシリーズの最新モデル。
  M2の改良型。ブルバップ式を採用しており、作動はショートリコイル方式となっている。
  小型軽量になっており、腰だめ射撃等も可能。当初では考えられない。
  連射速度は高く、2秒で6連射をする事が可能な程。
  口径12.7mmx108/12.7mmx99/14.5mmx114
  重量11.5㌔
  装弾数5.10発+2
  作動方式はショートリコイル。
【クラス別スキル】
=高速思考:A+++=
  物事の筋道に順序立てて追っていく思考の速度。
  『先に考える者』の名に違わぬ桁外れの情報認識・処理能力を保有し、
  万象に付随する膨大なパラメーターを演算する事で、超高精度の未来視を可能とす。
  スキルの特性上、近い将来に置けるターニングポイントを予測する事に長ける。
=信仰の加護:A+++=
  一つの宗教観に殉じた者のみが保有するはずのスキル。
  加護とは言うが、最高存在からの恩寵はない。
  あるのは信心から生まれる自己の精神・肉体の絶対性のみである。
  高すぎれば、人格に異変を来す。
=対魔力:A+=
  A+以下の魔術は全て無効化。
  事実上、彼女には魔術では傷付けられない。
=狂気:A+=
  戦闘や戦場に置ける異常なまでの精神高揚。
  戦闘中に威圧、混乱、幻惑と言った精神干渉を一切無効化す。
  また痛覚等のバッドステータスによる行動制限も緩和される。
=狂化:A+=
  全能力値を2ランクアップさせるが、マスターの制御が効かなくなり、
  以前それで何度か■を殺し掛けた事があり、何度も説教された経験が有る。
=神殺:A+=
  神や神獣等との豊富な戦闘経験により得られる特殊スキル。
  神や神性を持つ相手に対してダメージが向上し、戦闘する時常時俊敏性が上昇し続けて行く。
=合気:A+=
  森羅万象の活動と自身の気を和合させる事により、周囲の状況を感覚的に把握する事が出来る。
  これにより、命中と回避に有利な補正を得る事が出来る。
=巫術:A+=
  世界各地に培われた最も原始的な魔術体系の一種。
  周囲に存在している霊的存在に対し、
  依頼と言う形で働き掛ける事により、様々な奇跡を行使する事が可能。
  行使される奇跡の規模に関わらず、消費する魔力は霊的存在への干渉に要するもののみである。
=魅了:A+=
  魔性の美貌により、老若男女問わず対象の精神を虜にする。
  ここまで来ると最早魅惑ではなく魔術、呪いの類だ。
=夜の華:A+=
  所謂枕事の巧さ。
  此処まで来ると単純な性的技量だけでなく、
  話術、教養、歌舞音曲等を併せ持つ複合スキルとして扱われる。
=マゾヒスト:B+=
  苦痛を快楽に置き換えて楽しむ性的嗜好。
  欲望に身を任せる事で痛みによる恐怖や畏怖を無効化するが、
  戦闘中の状況判断に悪影響を及ぼす。
  このクラスであれば、ダメージを受けるごとに一部ステータスが上昇して行く。
【異能】
=紅王=
  何も言わない。
  刹那の即死。
  何処からともなく黒い、血濡れた刃が投影される場合も有れば、
  瞬間的真空衝撃破にブチ抜かれたりする事等、兎に角彼女の前に立つ場合はこれを殺す方法、
  或いは消す方法を思案するのが先になる。
=天照=
  通称『煉獄〝天照〟』。
  地に手が触れた途端、大地隆起及び、底から超高温の溶岩を噴出させたり、
  溶岩の波を創り出す等が可能。
  炎、爆炎――詰まる所『炎』『熱い』系統が彼女に矛先として向いた瞬間、それは全て彼女の支配下に
  有無を言わさず置かれる事となる。
  一種の世界を焼き尽くした『終わりの炎』の体現とも言われているとか。
=死狂い=
  通称『魔神〝死狂い〟』。
  彼女が何処からともなく取り出した〝棒〟で虚空を適当になぞった瞬間、
  そのなぞった〝線〟が黒い一撃、一閃となって現実を犯す。
  連続使用可能。欠点は〝即死〟ではないと言う事。
  但し、絶望展開時には彼女の異能は全て〝即死〟効果が付属す。
  唯、即死と言っても種類が有り、その場に酸素欠乏で倒れるも然り、血液が巡らないで倒れるも然り。
  彼女の絶望前で立ち上がる者は居るのだろうか?
【最終異能】
=鮮血の結末=
  通称『絶望〝鮮血の結末〟』。
  圧倒的殺傷性能を誇り、現代人最強の天敵として知られている〝現実〟すら消し去った。
  また〝祇園の帝〟を殺し尽くした元兇でもあり、帝曰く『――分からない』との事。
  自分自身の我を貫き通し、全てを犯し穢し破壊し殺し潰し燃やし縛り堕とし尽くす異能。
  そも彼女の体質が『あらゆる干渉を否定し我を通す程度の能力』であるが所以、この異能が生まれた。
【概要】
  第三次世界大戦後の大戦時ふらりと現れ、その場に居た全てに絶望を与えた者。
  突如降臨した、現在では〝最凶〟と冠付けられた怪物。
  絶対的な強さを誇り、この状態の彼女に戦闘で適う者は愚か、戦いになる者すら希少。
  今は行方どころか消息不明。
  詳細もまた、不明。
  唯、賞金リストには加えられており、今から5ヶ月前に奥州で発見されたが、
  自衛隊は愚か、その地では最強と謳われていた剣士すら殺し尽くされた。
  残された自衛隊隊員曰く『アレは人が産んではならなかったモノ』。
【画像】
  一枚目:通常時
  二枚目:覚醒
  三枚目:〝鬼〟
【台詞】
  『貴女は私と張り合える人間?』
  『雑魚』
  『小賢しい』
  『潰えてしまえ』
  『中には誰も居ませんよ』
  『神の世界への、引導を渡してくれる』
  『残念――アナタの人生は此処で終わってしまいました』
  『そんなに死にたいのなら――殺して上げるから覚悟なさい』
  『家族一家心中何て微温い。
    強姦?輪姦?甘い。
      四肢分断、猟奇的殺人事件、バラバラ死体。砂糖みたいに甘い。
        私が求めるのは――最もな絶望にして、鮮血の結末よ』
 

『一つ摘んでは父の為、二つ摘んでは母の為。さて、命を後幾つ手折れば鬼がやって来るのか。因果応報の効きが微温いのが、浮世の辛いところだよな』

 投稿者:神をも殺す鬼  投稿日:2013年 7月21日(日)23時30分59秒 softbank126012212127.bbtec.net
返信・引用
  【CLASS】殺人貴_Satsujinki_
【DISTICTIV CLASS】殺神貴_Satsujinki_
【真名】影夜 志貴_Shiki Kageya_
【名前】影夜 シキ_Shiki Kageya_
【性別】男性
【年齢】19
【身長・体重】178.55
【異名】魔穿つ影月
【属性】中庸、永楽、悦楽、殺し愛
【主要武装】
=影夜_Kageya_(概念武装無し)
  影夜一族に代々伝わって来た宝刀
  年代物で、暗殺用飛び出し式ナイフ
  貧弱そうに見えるが、生半可な一撃ならば悠々と弾き返す事が出来る
  常に携帯しており、何時でも奇襲に対処出来るようにしている
  加えて、長年彼と共に在り、亡霊達と渡り合って来た為にその刃は最上位の悪霊や亡霊に対し打ち勝てる程の強靭度を保有するにまで至った
【クラス別スキル】
=霧夜の殺人鬼:S+=
  障害物、遮蔽物が多ければ多い程、自らの気配を遮断する事が可能なスキル
=浄眼:A+=
  視得ざるモノを視る事が出来る一族代々伝わって来た特殊スキル
  故に亡霊や悪霊、また姿を隠した対象には半ば無敵なスキルに至っている
=直感:A+=
  常に自分にとって戦い易い場所を感じ取る事が出来る
  また戦い易い場所を自らで創り出す事も可能
=捕ら得る蜘蛛:A+=
  影夜体術をそのままスキルとして固形化した物
  元来最高峰にあった影夜体術に更に磨き上げられる
=斬襲足る鬼の血族:A+=
  影夜一族に元来伝わって来た刀捌きをスキルとして固形化した物
  元来最高峰にあった影夜刀術に更に磨きが掛かる
=魔力増幅:A+=
  通称『ブースト』。
  自分自身の魔力を常に上昇させ続けて行くスキル
  限界はあるものの、それでも限界突破も可能な域
【異能】
=直死の魔眼=
  対象の『死期』を視覚情報として捉える事の出来る瞳
  またそれに加え、その視覚情報を元に対象を『殺す』事が出来る能力
  此処で言う死期は生命活動の終焉ではなく、『存在の寿命』。意味や存在がその始まりの時から内包している『何時か来る終わり』の事
  誕生と言う大元の原因から、死と言う最終極地を読み取っているとも表現される
  物理的な破壊ではなく、概念的な死である為、治療や蘇生、再生や復元も無効化してしまう。死徒等を相手にする場合や不老不死を相手にする場合には非常に有効
  『魔眼』と表記されるが『死を理解した眼球のセット』で成り立っている為、眼球のみで成立する魔眼とは厳密に異なる。
  死期の情報は『線』と『点』で示される。
【流派】
=影夜暗殺術=
  蜘蛛のごとく、空間を立体的に活用する独特な暗殺技術
  曰く『蜘蛛』と称されている。死角から死角へと移動し、首や喉、また耳や瞳を等を狙う瞬間暗殺妙技
  基本的に体術を扱う事が多く短刀は体術の延長線上だと思って貰えれば良い
【業名】
=閃走・影夜=
=閃走・浮涛=
=閃走・六兔=
=閃走・一咲=
=閃走・一鹿=
=閃走・奏髯=
=閃走・首里=
=閃走・嗄伊=
=閃走・堆亥=
=閃鞘・一風=
=閃鞘・一禅=
=閃鞘・二柳=
=閃鞘・三斧=
=閃鞘・穿空=
=閃鞘・天空=
=閃鞘・四蓮五衝=
=閃鞘・七夜=
=閃鞘・八風=
=閃鞘・八点衝=
=閃鞘・九折=
=閃鞘・十疾=
=閃鞘・百合手折=
=閃鞘・佩仙=
=閃鞘・四辻=
=閃鞘・後月=
=閃鞘・峽楓=
=閃鞘・焔牙=
=閃鞘・千炎蹂紗=
=閃鞘・泪天=
=閃鞘・二双風辿=
=閃鞘・双狼=
=閃鞘・狂星=
=閃鞘・蹂躙=
=閃鞘・十栄桜折=
=閃刀・燼焔=
=閃刀・燼釼=
=閃刀・燼焔灰帰=
=閃刀・久楽葬無=
=閃刀・八恋悲槍=
=閃鞘・迷獄紗門=
=閃鞘・迷獄紗門・宴栄=
=閃鞘・迷獄紗門・壬生=
=閃鞘・迷獄紗門・流月=
=閃鞘・七風襲天=
=閃鞘・迷獄紗門・天罰=
=閃鞘・迷獄紗門・断罪=
=閃鞘・迷獄紗門・睡蓮=
=閃鞘・迷獄紗門・連雀=
=閃鞘・迷獄紗門・葵=
=閃鞘・迷獄紗門・十天宗撃=
=閃鞘・迷獄紗門・辻斬=
=極死・七夜=
=極死・影夜=
=極死・遠野=
=極死・逢魔=
=極死・殺窕=
=直死・遠月=
=直死・紅凱=
=直天・連獄鎖焔=
=絶死・真夜=
=絶死・黄泉=
【概要】
  霜月に生まれし者。〝Brumaire〟の名を冠す者
  世紀の殺人貴。神殺し、雇われ暗殺者の身だったが、今から五年前に禊の暗殺を頼まれ、返り討ちにされ下僕となった。が、今では禊の事を旦那と慕っている模様
  ジャンヌをまた愛娘と呼んでおり、二人に危害を加えないように一晩中見張りをかましている
  幼い頃に両親と妹を殺され、その両親と妹を殺した者達を殺し尽くした事から始まった
  唯殺す事を生き甲斐とし、影夜一族の最高峰にして最高傑作としてその身一つで全てを狩り尽くす
  『殺害』。その仕事に何の意味も欲も持たない純粋な暗殺者
  幼い頃から『如何に巧く殺すか』に傾倒し、研鑽と鍛錬を続けて生きて来た
  空間を立体的に使う体術を用い、その様はさながら巣を張り巡らせた蜘蛛の如くと敬称された
  蜘蛛のように隙間を縫い、どこから現れるか分からない足捌きで場を翻弄する。それでいて動きは獣の速度と同等
  口調は至って何処か演説、演劇めいた古めかしい口調で、言動はシニカル克飄々とした態度
  常に高い殺人嗜好を持ち、何処か世捨て染みた考えと退廃的思考を持ち合わせている
  また禊死後から一年後、唯墓守りを続ける者となっており、だが未だにその腕は劣っておらず、学園最強の名を冠すにふさわしいとまで言われているとの事
【台詞】
  『参ったね――その目で誘われたら断れない』
  『お前もアレなんだろ? 我慢出来なくて出てきちまった口なんだろ?
      ――そうだよなあ、人を殺すには良い月だ』
  『本当に可笑しい奴だな、お前。
      俺のような世捨て者。放っておけば良いモノを』
  『あーあ、出逢っちまったか……』
  『此処がお前の限界だ。
      果てを知れ――異能者』
  『夢の中で何度も解体し、
      果てでは百に殺し尽くし、またある時は汚し犯し蹂躙し尽くした!
          嗚呼――自慰なんかじゃ全然足りない。無論、絶頂等してもし足りない!
              お前を、いや、貴様を百、千、万に解体し尽くさなければ、
                  俺に平穏な夢は訪れないんだよ!!』
  『さあ、始めようか。
      此処が貴様の終幕だ』
  『永遠を司る者。
      不老不死。悪魔に天使、はたまた或いは人形遣い。
          此処は異能者共の博覧会か?』
  『血溜まりに沈め』
  『――待ち続けたようなあ、お互いさ。
      さあ、脳髄が蕩けちまう程、殺し合おうぜ……!』
  『家畜とは食われる為に坐して肥える。
      飼われた犬は餌を得る為に吠え立てる。
          そして野犬はその餌を得る為に自らの爪を研ぎ、牙を磨いて獲物を狩る。
              アンタが欲する駒はどれだ?』
 

『死んでから一年経っちまったなあ……。ったく、アンタが居なきゃ調子狂うっつの』

 投稿者:『護り続ける者』  投稿日:2013年 6月27日(木)16時52分42秒 softbank126011096038.bbtec.net
返信・引用
  【CLASS】憂いた日の夜の狂信者
【DISTICTIV CLASS】汚し犯し蹂躙する者_Berserk_
【名前】相馬 一雫_Ihika Soma_
【年齢】20
【性別】男性
【異名】蹂躙者
【身長・体重】179.53
【属性】中庸
【主要武器】
=竜狩りの大剣_Dragon Killer_
  本来華奢な彼が保有する事は有り得ないとされていた武装。
  名前通り〝竜狩り〟。元々17代目祗條禊の保有物であったが、当代より授かったらしい。
  分類としては《トゥーハンデッドソード》にカテゴライズされはするが、17代目から当代に至り、そして一雫の手に収められるまでの間に斬り倒して来た悪霊や悪魔、また化物達の怨念により鍛えられ、結果上位、否、最上位の霊的存在に対しても有効打となる武器となった。
=メス=
  手術等で扱われる物と同一。
  良く斬れる上に、それを何本、否、何十本と保有しており、投擲武器として使用している。
=拳銃=
  『ダブルデリンジャー』と『ベレッダM92F』と二丁所持。
  デリンジャーは暗殺用、ベレッダは護身用。
  弾丸は精錬可能なので、携帯する事はない。
【異能】
=蹂躙者=
  彼の異名ともなっている異能。
  禊の〝王〟と酷似した肉体強化系異能。
  青い殺気を迸らせるのが発動の合図。
  発動時は常に瞬動が可能で、反射神経や反応速度も常軌を逸す程となる。
  また青い殺気を剣に乗せる事で、対象への一撃を今までのとは異なると思わせる程の一撃とする事が可能。
  否、それだけが蹂躙者ではなく、発動時は常に知識が上昇し続け、対象との〝勝利への方程式〟を確実に編み出す事が可能となって来る。兵法も知らずとも未知より知れるとの事。
=精錬=
  名の通り、弾丸や薬品等を精錬し、生み出す創造(クリエイト)系能力。
  設計図さえあればどんなに大きな大砲や剣だろうと生み出す事が可能。
  だが船や家等は作り出す事は不可能で、大きさにも限界が存在するらしい。
=黒鉄=
  通称『斬魔・黒鉄』。
  斬斗のよりは劣るが、それでも十分な威力と性能を誇る。
  今まで退魔戦闘、対混血専用能力として扱われて来た異能。
  対象の肉体を鎧を着ていようが有無言わさず視界に入った瞬間には切り刻んで行く特殊異能。
  視界に入った対象は身を隠すしか回避手段はなく、また発動と同時に周囲の建物も切り刻んで行く為、他の場所へと行くと言う思考は直ぐに捨て去った方が良い。
  唯、視界と言う事は瞳が発動条件故、彼の瞳をキチンと見据えていれば発動した瞬間が良く分かる為、発動する前に発動を阻止すると言うのも回避手段であったりする。
=無垢=
  相手の全てを探り出す能力。
  相手がどれだけ知らないと言おうと、無慈悲に全てを暴く。
=無我=
  一瞬だけ自身の私情を捨て去り、渾身の一撃を放つ瞬間撃。
  また、本当に瞬間の為長時間の使用は不可能。連続使用なら可能。
【宝具】
=愛しき全ては我が手中に有り=
  ランク:SSS 種別:対軍宝具 レンジ:0~10000
  『蹂躙』『破壊』『忌みモノ』『殺戮』
  『愛しき全てに手を出すならば、それが神だとしても汚し犯し蹂躙し尽くす』と言う事から生み出された蹂躙者たる彼にピッタリの異能。
  造形は大きな大きな斧槍。
  〝竜狩りの大剣〟同様に最上位の霊的存在や悪魔を貫き続けて来た洗礼として、膨大な量の〝念〟をその身に宿すようになった斧槍。
  一振りするだけで刃のような真空撃が放たれ、投擲しようものならその矛先が地に着いた瞬間に半径5キロ近くを吹き飛ばす念を衝撃破として街全土に放つ。
  放たれた衝撃破は数秒後に街全土を犯し、全てを破壊し蹂躙して行く。
【概要】
  元々大乱の世で禊の立てた『カリトゥス教団』と呼ばれる宗教に属していた聖職者。
  だが、とある事件から人間の解体に目覚め、それからは『解体魔』と呼ばれていた。
  が、実は解体より全てを犯して行く方が好きと言う事より『蹂躙者』とまで至った。
  『変態』『マッドサイエンティスト』『悪魔』『非人道的下衆野郎』等々蔑まれ、罵倒されるが、当の本人は気にしちゃいない。
  親殺し、友人殺しを過去に経験しており、一度南の都市で一番大きかった病院の医師と病人、そして看護婦を皆殺しにしてから、その死体を病院前に並べ晒した事もある。
  悦楽、快楽は蹂躙。そしてそこから〝対象を汚し犯す〟――性行為へと直結し、唯禊に、ヤるなら相手を選べと云われている為、近頃中々手が出せない模様。
  悲壮感等当の昔に消え去ったとの事。
  また怒る事は余りなく、全てにおいて楽しそうに、だがそれでいて冷淡に残酷に残虐に暴虐に犯して行く。
  夢は『不老不死』の完全解体。
【台詞】
  『――舐めろ』
  『あーあ、汚れちゃったー。
      責任、取って貰おうか……?』
  『なあ、オマエ、前々から言いたかったんだが本当に馬鹿なんだな』
  『俺の邪魔をするのなら、それが親だろうと親友だろうと愛した人だろうと、否、悪魔だろうと神様だろうと犯し汚し蹂躙してやる――』
  『どうされたい?
      目玉を刳り貫かれたいか?    四肢を切り落とされたいか?    晒し者にされたいか?
          いや、そんなんじゃ足りない。俺はオマエを犯し尽くしたい。
              死んでも殺して、殺しても死なせてやるから安心してくれ』
  『ほら直ぐ泣く。
      泣けば許して貰えるとか思ってんじゃねえよ』
  『黙れ、公衆便所風情が』
  『脱げ。
      そうだ、此処でだ。全裸だよ、ぜ・ん・ら。
          恥ずかしい?    あははははっ、そっかそっか。
              だけどさ、アンタ気付いてる?    奴隷に反論する権利なんざねえんだぜ?』
 

レンタル掲示板
/1