teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


日田の三隈川ものがたり

 投稿者:石松登美子メール  投稿日:2008年 6月 5日(木)12時47分15秒
編集済
   16年目のヨシミツさんと有美さんの「日田花火ライブ」が行われた鏡坂公園の裾を流れる川は「三隈川」と呼ばれています。夜明ダムより下流が、九州最大の川「筑後川」となって久留米より佐賀平野を横切り有明海へ洋々と注がれていきます。
 太平洋戦争当時、戦艦大和・武蔵と同馬力を持つ高速艇として名を馳せた巡洋艦「三隈」の名の由来だった事を、今では地元でも知る人は少なくなっています。
 私は過って日本海々戦の旗艦「三笠」を横須賀に展示されているのを見たことがありますが「巡洋艦三隈」を小学生時代の息子が熱中していたプラモデルや「世界の艦船」の本の中での記憶に残されていたそれが日田の「三隈川」に由来している事に結びついた時には、何故か旧知に出会ったような気がしました。
日本海軍の決戦とも言われた1942年5月5日のミッドウエー海戦で我が日本艦隊は赫々たる戦果を納めた後の夜半、帰港の為の旋回中に僚艦「最上」と衝突大破してしまうのです。帰港不能に陥った「三隈」に翌6日80機もの敵機が襲い掛かり終にその雄姿はミッドウエー海上から消え去りました。多くの乗員と共に今尚海底の藻屑の中に眠っているのです。
 目を閉じて思いやれば凄まじい爆撃に耐える「三隈」の断末魔の悲鳴・敵わないまでも必死に砲に縋って応戦する乗務員・祖国で無事の帰還を祈る家族の胸中は、想像に絶するものがあります。
そして、日田盆地の静かな美しい自然の中での時の流れをしみじみと感じる毎日です。
 
 

伐株山ものがたり後編

 投稿者:石松登美子メール  投稿日:2008年 6月 1日(日)10時37分26秒
編集済
   「楠の大木が倒れた時、たくさんのできごとがありました。湖の淵が崩れて水がひた村(日田市)・どんなに大きくてもここまでは来るめー(久留米市)・その長い先っぽ(長崎市)・鳥の栖がおちたところ(鳥栖市)・落ちた葉っぱの形(博多)・小さくクラッと揺れた(小倉)・等の町の名前が生まれました。今でも玖珠町には、この伝説の証拠に玖珠山がそびえています。おしまい、おしまい」
弟の小一年の教科書には切り倒された楠をくり貫いて大きな丸木舟を作った話まで書かれていたような記憶がありますが・・・
<この伝説、今でも玖珠の伐株山を見るたびに私は信じたい気持ちになります。>
 

伐株山ものがたり

 投稿者:石松登美子メール  投稿日:2008年 5月31日(土)19時07分50秒
編集済
  戦前の1年生の教科書で伐株山伝説を読んだ記憶がありますが、日田から210号線で玖珠に向かう途中にその名の様な山が見えてきます。<もしかしたらこの山にまつわる伝説?>
日田に住むようになって10年余り、何時もそんな気がしていたのですが、まさしくその伝説の山だった事を今日知りました。
 明日からガソリンが値上げされるので満タンにしておこうとガソリンスタンドに行った時に出会ったのです。では、ロビーに置いてあった玖珠温泉案内パンフレットに掲載されていたのをそっくりコピーしてみましょう。
「その昔、玖珠には天にも届きそうな楠の大樹が聳え立っていました。雲の上までのび朝日があがるときは、有明海までその影が届き、夕日を隠して四国まで影がかかる大木でした。
玖珠の村は一年中陽が当たらないため、田畑の作物は育たず、村人も次々と病気になって大層困っておりました。そこで身の丈九百尺もある大男に三年三ヶ月かけてその大木を伐ってもらいました。それからは陽も当たり、豊かな作物も育ち、村人も豊かに暮らしています」
さて楠が倒れた後のいわれが亦興味深いものがあるのですが、どうぞ、後日の後編をお楽しみに!
 

思い出深い日田の花火

 投稿者:石松登美子メール  投稿日:2008年 5月30日(金)18時19分19秒
編集済
  5/25・16年目を重ねた「日田花火ライブ」今年もヨシミツさんと有美さんが楽しませて下さいました。鏡坂公園の「るぶらん劇場」では演奏休憩時、三隈川河畔から打ち上げられる花火が目前で見られますので他では見られない迫力のある感動的なものです・・・が、お二人の常連フアンに囲まれたライブは気がつけば皆が押さえられないままに歌いだしている光景には機会を得て3度目になる私は,ほのぼのとした感動に包まれていきます。
12年前、日田の別荘完成を祝ってテノールとソプラノの歌手を招いて賑やかなパーティが終わった後に今は亡き主人と二人で初めて日田の花火を遠く窓から眺めていました。
その2年後はホテル日航の総料理長と3人のシェフ・8人のサービス員にて開いたパーティがお開きになった後では,夫に先立たれた私は一人で花火を見ていました。その翌年には初孫に会いに行った久留米から帰りの車窓から一人で花火を見ました。日田の花火は悲喜こもごもな思い出を私に与えていますが、3年前から、そして今後はヨシミツさんのギター・有美さんのファドで楽しい感動を新たにさせ続けて下さることでしょう!
NHK八王子文化センターでギター指導を始められたヨシミツさんのご様子をPC検索で拝見したり自作のDVDのBGMにヨシミツさんの曲を使わせて頂いたりで、何時しかヨシミツさんの「魂のギター」に包まれる日々を過ごしている私です。今春の世界一周豪華客船2度目の公演・今夏のアメリカでの公演で更にご多忙になられる事でしょうが、どうぞお元気でギター人生45周年のご活躍を!!
 

桂ロマン亭ライブ

 投稿者:虎とらトラメール  投稿日:2008年 4月19日(土)19時38分36秒
  昼の部のライブに行ってきました。
4/5&6の京都ライブ、4/9~15のシンガポール~ムンバイ(インド)のクルーズ帰りにも
係わらず、阪神絶好調の成いか?!すこぶるパワフルでしたヨ!!鳥肌立ちましたホント!
ところで、桂ロマン亭さんの料金、いいのでしょうか?嬉しい限りですが・・・!
経済出身(?)のアーチストのヨシミツさんとしてはいかが?
 

十九の春

 投稿者:大坂  投稿日:2008年 1月12日(土)02時04分34秒
  ご機嫌よう

いし田新年会が近いと思いますが、私が新年の宴会に出てその後、二次会でいし田大将さんがカラオケでこの歌を初めて知りました。

近頃はやりの動画サイトで沖縄の歌い手さんによる歌唱
http://www.youtube.com/watch?v=O4gGTvhhMWE&feature=related

歌詞に出てくる十九だった人の年頃はこれ位かしらと思います。

そして、胡弓伴奏がオリジナルに近いらしい昔の録音版、
http://www.youtube.com/watch?v=5GOPq7n8n0E&feature=related
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ヨシミツより  投稿日:2008年 1月 4日(金)23時14分7秒
   明けましてお目出とうございます。

 私、今年は早や舞台活動45周年になります。
 記念のパーティーやコンサートを企画しています。


 また、昨年7月から、NHK文化センター八王子支社(電話:042-648-0551)で初心者向けに「ヨシミツ流~もう一度 ギター入門~」を、教えています。
 NHK八王子支社長に数年前から、ヨシミツ流でギターを教えないか?……と、誘われていました。
 また、この所、「ギター教室をやっていないの?」という問いがよくあり、30年程前には教本も出したり、ギター教室もやっていましたが、現役でプレーしていたい!…という思いが強かった……もう年ですかねー!そろそろ、気楽に同好会的雰囲気でならやろうかな……という気分になってまいりました。


 今年は、海外づきそうです。
 4月中旬に、豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」号で、シインガポール港~インド・ムンバイ港をクルージィングです。2度程、船中でコンサートです。

 また、7月上旬~中旬に、世界一の技術・劇団みんわ座の「写し絵と影絵」のハリウッド公演が決定(米国数カ所で)。
 私も同行、楽しみです。

 その「みんわ座」の公演が2/16(土)・17(日)、池袋の「東京芸術劇場小ホール2」開演13時30分、全席指定・前売3,500円(当日4,000円)、予約・携帯:090-1539-8504(ヨシミツ)、TEL&FAX:03-3554-6300(中村ヨシミツ音楽事務所)へ。


 新宿「石の花」(電話:03-3354-1026)ともども、

 本年も宜しくお願いいたします。

            ヨシミツ



追伸……相変わらず、自分でパソコンが扱えません。甥にやってもらっています。
 

Amazing Grace200年

 投稿者:大坂  投稿日:2007年11月23日(金)11時57分54秒
  ご機嫌よう、ご無沙汰してます。

以下、文章ほぼ同じものを三原さん掲示板にも書いてますが、こちらにも。

今年も残り一月余ですが、三原さんが時たま歌ってますアメイジング・グレイス(「グレース」表記は発音と合ってません、念のため)のお話。

今年は作詞者の牧師さん没後200年、またその牧師さんが若年の頃に関わる奴隷貿易のイギリスでの廃止立法200年でもあります。

このページに良くかかれてますのでご覧下さい。

アメイジング・グイレイスのいきさつ
http://www.worldfolksong.com/closeup/index.html


http://www.worldfolksong.com/closeup/amazing/bio/page1.htm
お読み下さい。
 

元気そうで安心!

 投稿者:ごとうこういち  投稿日:2007年11月 8日(木)21時34分47秒
  数日前にお互いの馴染みの店で、久々にお会いしましたね。お元気そうなので思わずびっくり(失礼)しました。
ホームページを訪問するのも久々ですが、かなり賑やかになりましたね。1年前にパソコンハードが壊れて買い換えた時、メールアドレス、ホームページURLなどを消してしまってあちこち不義理もしました。
そういえば1年前の日付ですが、かとうかつおさんの名前も見つけました。
 

昨日は・・・

 投稿者:中州にて ヨシナリメール  投稿日:2007年11月 3日(土)19時59分33秒
  昨日博多の中州の屋台でご一緒させていただいたものです。東京から来たスーツの二人組みの男です。メキシコからの方なんかと一緒に飲んでいた屋台です。今日会社に戻りまして、三原さんのHPを拝見して、こちらに来ました。僕もギターが好きでずっと弾いているのでもし機会があれば、またお会いさせていただきたいと思いまして、メールいたしました。
今度の東京でのライブに行ければいいなと思っております。仕事が入らなければ、是非足を運ばせていただきます。頑張ってください。  ヨシナリ
 

レンタル掲示板
/13